自家製天然酵母ぱん&English Pub&Live 小田原のDesture(デスチャー)
☎0465-43-8190
<お問合せ時間>
毎週火~土曜日 16時~22時まで

アーティスト紹介

今までにDesture Liveを盛り上げてくれたアーティストの皆さんです!

樽木 栄一郎(タルキ エイイチロウ)

広島県福山市出身。独創的かつ芸術性豊かなギター弾き語りスタイルで、全国各地のカフェ、雑貨屋、ギャラリー、古民家、美容室、本屋など、場所を選ばず様々なシチュエーションでライブを行っている。絵描きやデザイナー等、異業種のクリエイターとのコラボも展開。現在オンエア中の、FM J-WAVE(81.3)の番組、『Smile on Sunday』のテーマ曲を担当。アーティストへの楽曲提供、ゲーム、CM、映画など多方面の音楽制作にも携わる。
URL:http://www.taruki.info/
樽木 栄一郎(たるき えいいちろう)

diue(ディウ)

2016年1月、ソロユニット始動。様々なミュージシャンとのセッションを糧に楽曲を数多く生み出す。2017年1月11日、1st mini album『Primary Code』にてタワーレコードのレーベル、Here, Play PopよりCDデビュー。数多くのアーティストのレコーディングに プレイヤーやアレンジャーとして実績を残している 荒木類氏がプロデュースを手掛けている。楽曲、『Primary Code』が アパレルブランドHush Puppies(ハッシュパピー)のテレビCMに起用される。また、Shibuya Cross-FMにて、音楽番組「TOKYO add9」のパーソナリティーを務めるなど、活動の幅を広げている。
URL:http://diue.strikingly.com/
diue(ディウ)

向原 愛海(ムコウハラ アイミ)

Singer Songwriter. Vocalist. 1990年生まれ、26歳。千葉県成田市出身。東京在住。幼いころからソウルミュージックを愛し、歌い、育つ。国内外のオーディションやテレビオーディションなどで入賞、優勝経験を持ち、英詞での表現力も高い。その歌唱力が認められ、日本の音楽制作会社、アゲハスプリングスにアーティストとして所属。またZepp Tokyo/Namba/Club Citta’で開催される、生演奏とストリートダンスを融合した新感覚エンターテイメント「WEFUNK」のボーカリストとしても活躍。
URL:https://www.aimimukohara.com/
向原愛海(ムコウハラ アイミ)

Ryu Miho(リュウ ミホ)

高校時代から本格的な音楽活動を開始。ロックバンドを結成し、キーボード、ギター、また作詞、作曲もはじめ、さまざまなジャンル、アーティストとのコラボ、作品づくりを行う。幅広いジャンルの音楽知識、本人の精神的支柱でもあるロックスピリッツあふれる独自の世界感を醸し出すカヴァー・レパートリー、クオリティーの高いオリジナル曲、知的な美貌と個性あふれる歌唱力、華麗なステージパフォーマンスがまさに各方面から新しいDIVAの出現と話題を呼んでいる。
URL:http://www.taruki.info/
Ryu Miho(リュウ ミホ)

Jun Futamata(ジュン フタマタ)

幼少期より音楽に触れ親しみ、 2005 年より数々のメジャーア-ティスト作品へヴォーカル、コ-ラス及びコーラス・アレンジとして参加。その秀逸なコーラスワークと独特歌声で人気を博す。2006年NYに留学後、Jun名義で活動を開始。Note nativeのメインボーカルとして3枚のアルバムに参加。1stアルバム”Reflect”は、オリコンインディーズチャートで6位、iTune Music Storeダンスチャートで6週連続1位を記録。2014年フジテレビ「僕のいた時間」劇中曲に参加する他、多方面で注目を集めている。
URL:https://www.junfutamata.com/
Jun Futamata(ジュン フタマタ)

菅又 -GONZO- 健(スガマタ ゴンゾウ ケン)

1977年 東京都生まれ。4歳の時、偶然入った幼稚園にてギターと出会う。Brail音楽とClassic、更にPOPS、Rock、Soul、Funkなども好み、様々なユニット、サポートなどで年間100本を超えるライブを行う。大胆なステージングとパフォーマンスには好評を得ている。2010年、ロッキン・ジャパン・フェスティバルにサポートミュージシャンとして参加。2011年3月度のTV東京系「JAPAN COUNT DOWN]のエンディングテーマとして「雨粒」作曲担当。2012年ベトナム~カンボジア~タイ 3か月ライブツアー敢行。
URL:http://gonzoguitarra.wix.com/gonzoguitarra/
菅又 -GONZO- 健(スガマタ ゴンゾウ ケン)

堀江 有希子(ホリエ ユキコ)

兵庫県淡路市出身。幼少よりエレクトーン、12歳よりサックスを始める。大阪音楽大学音楽学部器楽学科にてサックスにおけるクラシック音楽全般を学ぶ。卒業後はクラシック音楽など様々なジャンルの演奏家として関西・東京を中心に活動している。美しく力強い音色と歌心あふれる演奏に定評がある。2013年はポルノグラフィティのサポートとしてTV出演多数、年末にはNHK紅白歌合戦に出場。ライブ活動の一方で演劇の伴奏音楽などのレコーディング活動、ライブハウスなどで誰でも楽しめるジャムセッションのホスト活動なども行っている。
URL:https://yukikohorie.com/
堀江 有希子(ホリエ ユキコ)

河村 亮(カワムラ アキラ)

1980年生まれ、岐阜県出身。幼いころから両親の影響で音楽に親しみ、4歳からクラシックピアノ、13歳からドラムを始める。岐阜大学教育学部音楽家にて器楽奏法、音楽理論を学ぶ。和泉正憲氏に打楽器、ドラムを黒田和良氏に師事。太田剣、大友孝彰、萩原亮、小沼ようすけ、カワムラヒロシ、Grace Mhaya、Maya Hatch、安ヶ川大樹、類家心平ほか、数々のミュージシャンと共演。現在、活動の拠点を東京に移し、ジャズ・ポップスフィールドで演奏活動中。
河村 亮(カワムラ アキラ)

杉山 愛(スギヤマ アイ)

洗足学園音楽大学器楽科ピアノ専攻を卒業。大学卒業後ブライダルプレイヤーとしてプリンスホテル等で活躍。その後ジャズピアノを今泉正明氏に師事する。2014年念願だったニューヨークへ渡りBarry Harris Workshopへ参加。現在主に作曲をしながら自己のバンドでのライブ活動や幅広いジャンルの音楽について日々勉強中。
杉山 愛(スギヤマ アイ)

伊禮 恵(イレイ メグミ)

7月26日生まれ、A型、大阪府大阪市出身のシンガーソングライター。2011年デビュー後、ABC朝日放送の番組テーマ曲などを担当。伊禮恵の作る世界観がじわじわと浸透する中、同年7月にリリースした初のフルアルバム「音文-otobumi-」は伊禮恵の音の世界をそのまま表現した一枚に。2016年5月Go!West Recordsに移籍後、7曲入りMini Album「それでも明日は希望に満ちて」をリリース。「身近な風景と心情を描き『少し疲れた心』に届く詩」を歌うシンガーソングライター。
URL:http://ireimegumi.com/
伊禮 恵(イレイ メグミ)

磯貝 一樹(イソガイ カズキ)

1990年生まれ、大分県出身。15歳よりギターを始める。21歳で上京しjazz clubでのライブ、セッションを重ねる。 kazuki isogai trio、basementピ、soul gaugeなどでの活動やアーティストのライブサポート、レコーディングなどの活動を行っている。
磯貝 一樹(イソガイ カズキ)

Kayo(カヨ)

高校時代よりバンド活動を始め、第一回神奈川県軽音楽連盟主催コンテストでグランプリに輝く。 バンドは高校卒業と同時に解散するも、2009年春より名前を「Kayo」として、新たに始動。 キマグレンTOUR2009 [LOVE+LIFE+LOCAL]中9公演にて、オープニングアクトを務め、アルバム「ONE LOVE, ONE GUITAR」を300枚完売! 観客との一体感を大事にしたパワフルなパフォーマンスが魅力。 また2012年より、THE SOUL KLAXONのボーカルとしてバンド活動も始動。
Kayo(カヨ)

西岡 ヒデロー(ニシオカ ヒデロー)

トランペットとパーカッションの両方をこなす。Conguero Tres Hoofers、VenueVincent、CENTRALの三つのバンドを軸に日本国内、海外ともに活動中。 これまで関わった主なアーティストは、真心ブラザーズ、JUJU、由紀さおり、シンリズム、KYOTO JAZZ MASSIVE、DJ KAWASAKI、ROOT SOUL、Mano Arriba、・・・などアンダーグラウンドからメジャーまで多岐にわたる。
西岡 ヒデロー(ニシオカ ヒデロー)

町田 “Matchy” 隆之(マチダ マッチー タカユキ)

千葉県市原市出身。学生時代より(高1)バンド活動を行い、数々のバンドを経て、1996年9月、THE BIG BAND!! でメジャー・デビュー。その後も、アーティストのプロデュース、LIVE、レコーディングにも参加。(ビジュアルも含め)陽気なプレイスタイルで観る者聴く者を魅了する。
町田 “Matchy” 隆之(マチダ マッチー タカユキ)

Dino Jr.(ディノジュニア)

1991年、千葉県生まれのシンガーソングライター。台湾人の父と日本人の母の間に生まれ、幼少期を台湾で過ごす。”Dino”は父親の名。ネオソウルやジャズなどに影響を受けた独特の甘くマットな声が特徴。2016年10月リリースのアルバム『DINOSENCE』は完全なる自主制作ながら、業界の著名ミュージシャンに自ら声をかけ、起用した意欲作となっている。2017年2月、渋谷JZ Bratにて初の単独公演を開催し、ソールドアウトとなる。
URL:https://dinojrofficial.tumblr.com/
Dino Jr.(ディノジュニア)

さいとう りょうじ(サイトウ リョウジ)

『シャキーン!』『ナイトヒーローNAOTO』『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』『大森靖子 3rd アルバム「kitixxxgaia」』 etc・・・作曲家、ギタリストとして活動。2016年 初のソロアルバム「ME AND SIX STRINGS」をリリースしiTuneブルースチャート初登場1位を獲得。P.OP、Pablo、THESOULKLAXON他、多数のバンドでも活動。
URL:http://saitoryoji.com/
さいとう りょうじ(サイトウ リョウジ)

町田 孝(マチダ タカシ)

1987年鹿児島生まれ。10歳で父の影響でアコースティックギターを始め、その後13歳でドラムに転向。20歳で鹿児島ハイテク専門学校非常講師ドラム科に務め辞職をきっかけに単身上京。現在は自身のユニット『河野圭佑X町田孝』始め様々なアーティストのサポートドラマーとして東京を中心に活動中。主なサポートアーティスト 翔(横浜銀蠅) 椎名慶治(ex.surface) 川島あい 中村千尋 d-iZe Ash Chu’s day 奈美悦子 丸山圭子 森圭一郎 伊太地山伝兵衛 ZERO かりゆしバンド 華原朋美 川島あい  長谷川幸裕 ジミー入枝(ザ・キングトーンズ)
町田 孝(マチダ タカシ)

中津 マオ(ナカツ マオ)

鹿児島県出身。幼い頃からSOUL,R&B,ROCKなどジャンルにとらわれない音楽を聴いて育つ。地元ではクラブを主に活動しつつ、2012年に上京。クラブやライブハウスなどを中心に活動しつつ、ファンクバンド「NAKATSU。」のヴォーカルとしても精力的に活動中。2014年2月14日、自身初となるデジタルシングル「keep on goin’」を配信リリース。初配信にしてiTunes R&Bランキング10位を記録する快挙を成し遂げた。艶やかでありながらハピネスあふれる「太陽の歌声」で聴く人にエネルギーを与える、今後要注目のシンガー。
URL:https://nakatsumao.wordpress.com/
中津 マオ(ナカツ マオ)

山本 連(ヤマモト レン)

About Ren 1990年11月29日カリフォルニア州サンディエゴ市生まれ。14歳よりベースを始める。始めて間もなくジャコ・バストリアスに影響を受け。ジャズ、R&B音楽に浸る。2009年、洗足学園音楽大学ジャズ科入学。ベースを納浩一氏に師事。大学進学時より国立音楽大学New Tide Jazz Orchestraに所属(2009~2011)。2012年、パークリー音楽大学 Professional Music科編入。2014年12月卒業後に帰国。都内を中心に演奏活動中。
山本 連(ヤマモト レン)

Tatsuya Tsuyuki(露木達也)(ツユキ タツヤ)

ギタリスト、コンポーザー、プロデューサー、湘南出身、在住。Music Office SeaAco 代表。高校からギターを始め、東海林由孝 氏、加藤崇之 氏、Ariel Asselborn 氏 に師事。Bossa Novaなどブラジリアンミュージックをメインとしながら、ジャンルを問わずセッションを重ねている。また、TVドラマ、CM、ゲーム音楽等のスタジオレコーディングにも多数参加。日本の主要なジャズ、ボサノバ音楽フェスに出演。ボサノバスタンダードとオリジナルを中心に置いた作品で、温かみのある音色のギターに加えソフトなヴォイスの弾き語りも披露している。
URL:http://tatsuya-tsuyuki.com/index.html
Tatsuya Tsuyuki(露木達也)(ツユキ タツヤ)

chuji(中司和芳)(ナカツカサ カズヨシ)

ジャズ、ロック、クラブミュージック、民族音楽、電子音楽など様々な音楽家たちとの共演を通じて培った自由な音楽性と、本質に迫る生きたサウンドは、聴く者の魂・細胞を震わせる。コントラバスの独奏から、エレクトリックベース、ルーパー等を使用したアンビエント、ミニマム、トランスまで自由に展開するエレクトリックライブまで、ジャズの精神を軸にアヴァンギャルド、民族音楽、テクノなどが入り乱れた独自の音楽世界は強烈な個性を放つ。現在、Gpsy Vibs、弁天cozo、弾楽などのバンドに参加。また様々なアーティストとのセッション、サポートなど活動は多岐にわたる。
URL:https://www.chuji-nakatsukasa.net/
chuji(中司和芳)(ナカツカサ カズヨシ)

荻原 亮(オギハラ リョウ)

1976年8月2日生まれ 長野県出身。幼少の頃よりピアノ、小学生の時にはブラスバンドでクラリネットを演奏するなど、音楽が周りにある環境で育つ。10歳の時に父親からアコースティックギターをプレゼントされ、耳コピーやアドリブ演奏などを始め学生時代はジャズ、ロック、ブルース、R&B、ブラジリアン、 クラシック、民族音楽、アフリカン、レゲエ等様々な音楽に傾倒し研究する。上京後、ストリートでの演奏や鈴木勲.マリーン.Woong San.TOKU.村上ポンタ秀一.Grace Mahya等のバンドで活動。その他にも数々のアーティストのライヴやレコーディングに参加。
荻原 亮(オギハラ リョウ)

宮川 純(ミヤカワ ジュン)

1987年生まれ、愛知県出身。5歳でエレクトーンを始めてからジャズ、フュージョン、ロックなどに傾倒する。高校卒業後本格的に音楽家を志し、甲陽音楽学院名古屋校に進学。ジャズピアノを水野修平氏、竹下清志氏に師事。2010年より活の拠点を東京に移し、国内ジャズシーンの第一線級で活躍を続けている。また、その作編曲能力も高く評価されており、最近ではグレース・マーヤ(Vo/Pf)氏の「Poinciana」、「Close to you」の二作でもアレンジを手がける。 2012年、2nd album「I Think So」(Altered)をリリース。
URL:http://www.jun-miyakawa.com/
宮川 純(ミヤカワ ジュン)

福森 康(フクモリ ヤスシ)

1985鹿児島県出身、15歳でドラムを始め、YAMAHA PMSにて大久保重樹氏に師事、上京後都内のジャズクラブやセッションに参加。
現在は、TOKU(vo&flh)、多田 誠司(sax)、BONANZA、HUMADOPE、So Jaguarなど、都内を中心に幅広い年代のミュージシャンとのライブ活動、レコーディングに参加。若さ溢れるパワーと、繊細さを 併せ持つ希有なドラマーとしてがある。
福森 康(フクモリ ヤスシ)

辻 岳人(ツジ ガクト)

1987.12.24  大阪生まれ 。14歳でギターを始め、唄人羽、ギタリスト 押尾コータロー氏や小沼ようすけ氏の音楽から多大な影響を受ける。シングル『Ripple』を完成させ、東京、大阪福岡ツアーを成功させる。自身の歌物ユニット9×9解散を決定。9/9、ゆかりのあるミュージシャン、マンハッタンスリム、カワムラヒロシ、伊禮恵、磯貝一樹とのステージを得てそれぞれの道に進む… 2015年 オリジナル製作を始めて丁度10年の節目にsolo活動を再開。 ソロ、サポートなどで、大阪、東京都内を中心に活動中。
辻 岳人(ツジ ガクト)

鳥垣 優羽(TORIGAKI YU)(トリガキ ユウ)

1990年大阪生まれ。兵庫県西宮市で育ち、5歳よりドラムを習い始める。中学より東原力哉氏(ex.NANIWA EXP)に師事。2007年老舗ジャズクラブでレギュラー出演となり、プロ活動をスタートさせる。以後数々の国内·外の著名ミュージシャンとのライブ、セッションを経験する。近年ではモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパンで映画「This is it」でリードギターを弾いているパーカショニストLenny Castro(レニーカストロ)と共演。2015年11月より拠点を関東に移し活動の幅を広げている。2016年Pearl drums Endorsed契約。
鳥垣 優羽(TORIGAKI YU)(トリガキ ユウ)

勝矢 匠(カツヤ タクミ)

1991年練馬生まれ。平塚育ち。14歳よりエレキベースを始める。明治学院大学入学後コントラバスを始める。在学中よりジャンルの隔てなく様々なアーティストのサポート、レコーディング、セッションライブに参加。また山野ビッグバンドジャズコンテストにて二年連続(2013,2014)優勝をする。大学卒業後本格的にプロ活動を開始。歌心を大事にした自由奔放なグルーヴを武器に様々なジャンルで活動。2016年にはNao Kawamura Bandの一員としてフジロックに出演、またアゼルバイジャン共和国にて開催されたバクージャズフェスティバルに出演し活動の幅を広げている。
勝矢 匠(カツヤ タクミ)

miina(ミーナ)

静岡県富士市出身 透き通る声、確かなギターテクニックを持ち合わせたシンガーソングライター。2015年4月ヤマハ大人の音楽レッスンWEB CMに楽曲提供、自身も出演。現在は東京中心に活動中。
URL:http://miina-317.jimdo.com/
miina(ミーナ)

伊藤 大輔(イトウ ダイスケ)

ボーカリスト。伸びやかな声質と抜群の歌唱力、無類のリズム感と表現力が魅力。ジャズ、ポップス、クラシック、英語、日本語、オリジナル楽曲から完全即興まで、ジャンルや時代を超えて幅広く歌を紡ぐ。年間200本を超える公演をコンスタントに行う。歌い手としての”声”を深化、追求する活動も展開中。近年はスイス、マレーシア、香港などのジャズフェスティバルやアカペラフェスティバルへの招聘も続き、海外にも活動の幅を広げる。柔らかく情感あふれる歌唱とトーク、ハイセンスなステージパフォーマンスは、幅広く支持されている。
URL:http://www.daisuke-ito.net/
伊藤 大輔(イトウ ダイスケ)

井上 陽介(イノウエ ヨウスケ)

1964年7月16日、大阪生まれ。大阪音楽大学作曲科卒。91年よりニューヨークを拠点に活動。数々のグループでのレコーディングやライブハウスやヨーロッパツアーでの演奏など国際的に活動。2004年には活動の拠点を日本に移す。2015年まで大野雄二&ルパンティック5のメンバーとして活動。現在、自己のグループ他、塩谷哲トリオ、大西順子、渡辺香津美、佐山雅弘VINTAGEのレギュラーメンバーとして活動の他、数々のセッションに参加し日本のみならず海外でも精力的に活動。ジャズのみならず絢香、佐藤竹善、Superflyなどのポップスのサポートでも活動。
URL:http://www.geocities.co.jp/MusicHall/3814/
井上 陽介(イノウエ ヨウスケ

鈴木 直人(スズキ ナオト)

鈴木よしひさ氏に師事。ジャズ情報サイトJazz Pageの人気投票ギター部門で2012年第一位。2014年 Lee Ritenour’s Six String Theory World Competiton のJazz/Fusion Guitarist部門にて世界第4位獲得。 徳田雄一郎RALYZZ DIGのギタリストとして全国や海外のジャズフェスティバルに多数出演。これまでにマレーシア、中国、カナダ、インド、韓国、フランス、イタリア、香港、台湾で演奏。2016年スイスオーベルニールジャズフェスティバルに出演。
鈴木 直人(スズキ ナオト)